◆チャック袋を利用しよう

チャック袋がスマホの防水ケースに早変わり!

チャック袋がスマホの防水ケースに早変わり! スマートフォンが水没などしてしまう経験ありませんか? そんな時におすすめなのが、食品などを入れておくジップロックなどのチャック袋にスマートフォンを入れることです。
このチャック袋に入れるだけで、即席の防水ケースに早変わりするのです。
ジップロックは元々食品の劣化などを抑えるために空気に触れさせない工夫が施されています。
どのような時に使うかと言うと、例えば夏場の海や川遊び、冬場のスキー場などです。
ちょっとした隙間から空気がスマートフォン内部に入り結露を引き起こしたりします。
スマートフォンは精密機械のため、水などに直接落としていなくても浜風や温度差によって内部結露し、水没時と同じように壊れてしまう可能性があります。
普通の防水ケースだとちょっとお値段が高く、ケースサイズに適合するスマートフォンも限られてきますが、ジップロックなどのチャック袋を使えば、サイズを気にせず使えますし、入れたままスマートフォンの操作は可能です。

チャック袋を使って水没したスマホを復活させよう!

チャック袋を使って水没したスマホを復活させよう! 水没させてしまったスマホは、電池パックが外せるタイプならば、即座にカバーを開けて電池パックを取り出すと良いです。
電源が入っている状態では、内部に入り込んだ水分により、いつ基盤がショートしてもおかしくない状態となります。
電池パックを外せないタイプの場合には、チャック袋と乾燥剤があれば復活させることが出来るかもしれません。
スマホ本体からSIMカードやmicroSDカードだけでなく、カバーやイヤホンに至るまで外せるものは全て外した状態で、チャック袋に本体を入れて大量の強力な乾燥剤と共に密封します。
少なくとも24時間以上は電源を落としたままチャック袋に乾燥剤に覆われた状態で中に入れておくことで、内部に入り込んだ水分まで含めて乾燥剤に吸着させることが重要です。
入り込んだ水分が多ければ、一度乾燥剤を新しいものと入れ替えても良いでしょう。
完全に内部が乾くまでには乾燥剤まみれとなった状態でも24時間以上は必要となるので、何よりも電源を入れずに乾燥させることが重要です。
スマホの復活を確認出来たとても、完全とは言い切れないので、すぐにバックアップを取るようにしましょう。